鼻の黒ずみをとる方法

MENU

鼻の黒ずみをとる方法

鼻の黒ずみは、恥ずかしいものです。
鼻に黒ずみができて汚れていると、顔全体が汚く見えてしまいます。

 

女性なら、常に鼻はツルツルの状態にしておきたいものです。
鼻の黒ずみをとる方法としては、洗顔が一番です。

 

女性の場合、多くの人は、洗顔を当たり前のようにやっているでしょうが、
ツルスベ鼻になれないのは、正しく洗顔できていないからです。

 

ツルスベ鼻になりたいのであれば、
洗顔の前に、蒸しタオルで毛穴を開かせておくことです。

 

そうすれば、鼻の黒ずみをしっかり除去できます。
洗顔前にはちゃんと手を洗うことも大事です。

 

手が汚れていると、雑菌が鼻につくことになり、
丁寧に洗顔をしても意味がありません。

 

鼻の黒ずみをとる方法としては、
手の汚れをキレイに落としてから洗顔するというのが基本になります。

 

そして洗顔する時は、洗顔料はよく泡立てます。

 

泡でやさしく鼻を洗うようにし、泡を手と肌の間にクッションのようにのせ、
手で直接鼻の黒ずみに触れないようにして、やさしく洗います。

 

指が鼻に触れないように洗顔することが大事で、
そのために、しっかり泡をのることを忘れてはいけません。

 

洗顔後は、ぬるま湯で20回以上はすすぐようにし、素早く保湿します。

 

夜更かしによる寝不足や慢性的なストレスや栄養不足の食生活など、
色々な鼻の黒ずみの原因がある中で、意外と分かりにくのが生活習慣なのです。

 

喫煙や過剰な飲酒はお肌にとって良くないことは知られていますが、
便秘や髪の毛や手がお肌に触れるだけでも鼻の黒ずみの原因になってしまうのです。

 

便秘は、体内で老廃物が蓄積するのと同時に毒素も溜まってしまいます。

 

毒素が体内に回ってしまうと自然と毛穴にも流れてしまうことから、
黒ずみとなってできてしまうのです。

 

そういうことから便秘がちの人はなるべく腸内環境を整えるように努力をすることで、
鼻の黒ずみができやすい環境を改善しましょう。

 

また、清潔な状態であれば鼻の黒ずみに影響を与えることはないですが、
外出した後の髪の毛や、色々な物を触った手には汚れや雑菌が付着していることが多いです。

 

その状態でお肌を触ってしまいますと、
毛穴に雑菌が付いて黒ずみを悪化させてしまいます。

 

また洗顔後に化粧が残ってしまいますと毛穴に汚れが溜まりますし、
お肌に合わない化粧品の使用も皮膚にとっては刺激となって反応することで、
鼻の黒ずみとなって出てしまうこともあります。

 

そういう点から生活習慣やちょっとした癖で、
すぐに鼻の黒ずみができてしまうことから、お肌が弱い人ほど気を付けておきましょう。